natural sweets cafe matoca

matocacafe.exblog.jp ブログトップ

おめでとう、そしてありがとう。

e0189225_11164389.jpg
今年卒業したこどもたちとご家族、そして新しく入ってきてくれたこどもたちとそのご家族にとって、
それをとりまく人々にとっての大切な会が、先日行われました。

昨年末あたりから、この日のことを思うと泣けてしまうのであまり考えないようにしてきて、会議でも事務的に淡々と・・・と思っていたのですが、やっぱり会場の装飾を作りながら夜中に一人で泣く始末・・・。

大きなつらく悲しい出来事、その後の様々な葛藤、深い傷を負いながらも仲間とともにいることを選び、
一歩ずつ、少しずつ、今日の笑顔を取り戻してきた今年の卒業生たち。

e0189225_11294395.jpg
いっぱいガマンもしてきたね。
もっと無邪気にワガママに、思春期への扉をくぐるはずだった。
でも、みんなで離れずにいたこと、離れずに傍にいてくれた人たちと一緒に今の笑顔があることが本当に嬉しい。
もちろん傷は消えることはない。
でも、抱いたままで前進することができると、教えてもらったこの4年でした。
大人もこどもも、泣きながら一緒に頑張れる仲間は素晴らしいと、感謝しながら、感動しながらやってこれた日々でした。
みんな大好き。いっぱい声かけて、遊んでくれて有難う。
頼りになるOB・OGとしてこれからもどうぞよろしくね。いつでも待っています。
ご卒業、おめでとう。
[PR]
by matocacafe | 2012-04-04 11:44 | 日々のこと | Comments(2)
Commented by さとこ at 2012-04-06 14:11 x
前々から予感しておられたイベント、こういうことだったのね、とわかりました。matocaさんの文章を私もじーんとしながら読ませていただきました。

読み返すうちに、勝手ながら東北の子どもたちが目に浮かび…元米米クラブの石井竜也さん(ご自身も茨城出身で、ふるさとが津波の被害を受けました。)が「被災した子どもたちは本当ならもっと長く子どもでいられるはずだったのに、一足早く大人になってしまったんだ。でもそれはかわいそうなことではなく、きっと出来るから神様に与えられた試練なんだ。そのしんどさも、大人だからわかることも、迷いも、みんなで分かち合いながら、素晴らしい大人になっていってほしい。」というような事をおっしゃってます。

何事も、その人の糧になり、未来につながります。それを信じて、周りの大人はますますしっかりしなければいけませんね…と東北の子どもに重ねて思った次第でした。ながながとすみませんでしたー。
またね♪
Commented by matocacafe at 2012-04-07 12:05
さとこさん、読み応えのある嬉しいコメントに感謝です。
読ませてもらいながらまたまたジワジワ・・・・・。

自分自身も含め、何事も糧になることを実感できているところもありますが、子供たちに対しては、それを信じて、今できるサポートや、気持ちの分かち合いをしていくことが大切だと私も思います。
学童のこどもたち、特にやはり事故にあった子たちは、東北への思い・共感もまた違うものがあると思います。生きていれば誰しも、様々なことが起こってくる。けれど体験したものは、それについての共感能力を得て、いろんな力になれ、それが自分を成長させる力にもなる、と感じます。
さとこさんのように、直接東北へ何度も足を運び暖かな素晴らしいお仕事をして下さる方がおり、そんな姿に感動をもらいながら自分にできることを、これからもやってゆけたらと思っています。
本当に有難うございます。また、直接いっぱい話を聞いてやって下さい。

できるかぎりオーガニックな素材を使い、アレルギーにも対応した焼菓子やケーキ・ドリンクをご提供しております。6席だけの小さなカフェへ、お越しいただけたら幸せです。


by matocacafe
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30