natural sweets cafe matoca

matocacafe.exblog.jp ブログトップ

豊島・直島 ショートトリップ ①

e0189225_1538103.jpg
直島のカフェサロン中奥 さんと、
 ゲストハウス路地と灯り で働いている、
大切なお友達に逢いに、急遽決めた小さな旅。
一足先に行っていたお友達が教えてくれた、
とってもお安いこちらの旅路。
前回は、新幹線を使ってまともに行ってしまったので
おそらくこの5倍は旅費がかかってしまっています・・・
そして相変わらず行程で色々やらかしてしまうのが
私の旅路・・・シンプルなこの行程でどうして・・・
またお店にいらした時に、語らせて下さい。
聞いた友人は涙を流して笑ってくれました。。。


e0189225_1555774.jpg

早朝に高松港に着き、
無料バスで高松駅へ、
そこで住まれているかもしれないおじさまお二人と豊島への船の時間までを
緊張しながら過ごし(笑)、
どうしても行きたかった 豊島美術館 へ。


e0189225_165307.jpg


曇り空も、皮膚アレルギーの私にはちょうど良くて
体調もイマイチだった私には本当に心地よい、緑の小路。
島で一台だけのバスの運転手さんが
早く着きすぎた私にとても親切にして下さって、
美術館の開く時間までバスに乗せて下さって、
他の停留所を回る間、島のあちこちの説明をして下さったうえ、
帰りには、待合室で一人待つ私に
「これ自分で作ったんやけど・・・」と、お手製の四つ葉のクローバーのしおりを
手渡して下さって。初日から感動です・・・。


e0189225_16121055.jpg

建築家 西沢立衛 さんと アーティスト 内籐礼 さんの作品である
豊島美術館は、「母型」と名がついているのですが
そんなことは全然知らずに伺って、
すぐにインスタにアップした私のイメージは
「子宮、産道、羊水、世紀末、待っている希望、禅、偶然、必然、地平線、海、森、湖、月光」
でした。
あとからこの名を知って、
だから天空の穴は二か所なのか!(排卵)とか
何も知らないでここまでイメージさせる空間の在り方に
感動を新たにしました。

ゆっくりと
次々と
浮かんでは
楽しげに流れ、分離し、一体となる水たち。
海とも木立ともつかぬ音。
反響する空気。
この世の最後のひとたちのような
希望と諦観が一体となっているような。
思い思いに歩き、座り、寝そべり、目を閉じ、凝視し、
描く人々。
なんて心地よいのだろう。
細胞のどこかに残る、母の胎内の記憶。
まどろみました。

e0189225_1628384.jpg

同じ敷地内のカフェでは
島の特産レモンを使った瀬戸内ロールがいただけます。
小さなショップも楽しめます。
微熱と睡眠不足で朦朧気味の初日としては
本当に癒される時間でした。

午後からは雨。
船が欠航になると大変なので、予定より早く切り上げて
お友達の待つ直島へ向かいました。
[PR]
by matocacafe | 2016-05-20 16:35 | 日々のこと | Comments(0)

できるかぎりオーガニックな素材を使い、アレルギーにも対応した焼菓子やケーキ・ドリンクをご提供しております。6席だけの小さなカフェへ、お越しいただけたら幸せです。


by matocacafe
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31