natural sweets cafe matoca

matocacafe.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

久しぶりにカフェランチ♪

e0189225_13111222.jpg
なんだかんだとお仕事絡みの予定が入り、
なかなか自分の時間が作れなかった定休日。
先日ようやくブラブラと、映画やお買物に行ってきました。

親しいお友達と出歩くのも大好きですが、
一人ブラブラも楽しみます♪


ちょうどお昼頃に近くを通りかかり、
ランチは MADOMADO さんで。
いつもかなり混んでいるのですが、今日はギリギリ空いた一席へ。

e0189225_13151185.jpg


ちっちゃいデザートとあったかいお茶が嬉しいです。

昔、ひたすらカフェ巡りをしていたとき、
MADOMADO さんの姉妹店、 Organ さんに感動して、その小さな空間にたくさん詰まった雑貨屋さんのような佇まいに
カフェをとても身近なものに感じたのを覚えています。

e0189225_13515223.jpg


よい空気の流れるカフェは、いつでも心を静かに、そしてほんわか幸せな気持ちにしてくれます。
[PR]
by matocacafe | 2012-05-26 13:56 | カフェ&雑貨 | Comments(0)

優しく回る宇宙からのエネルギー

e0189225_1347558.jpg
お客様から先日いただいた、おおきな芍薬と
手作りのりんごケーキ。
かわいいフロレスタのドーナツ。

自分自身が己の中で、調和とバランスを保とうとしながら毎日を生きている中でも、
身近な大切な人が傷ついていたり、
何かが起こったりと日々が動き、
それを受けて自分の中が動きます。
揺れ動くのが人。
どんな気持ちも体験も、あとから貴重な学びになりますが、
渦中はとても悲しくて切ないことも。
e0189225_1410413.jpg

そんなタイミングでいただいた、
優しい気持ちの籠ったもの。
どれもこれも、ほっとさせてくれるもの。
そんな時、宇宙からのあったかいエネルギーが、
人という一番伝わりやすい媒体を通して回ってきてくれているな、と感じるのです。
お店を始めてから特に、出会いや流れ、タイミングが
偶然であることは一つもなく、全て学びの為に巡ってきているように感じます。
色んなことがあっても、こんなにも優しい気持ちをもつ方々がおられることをより強く感じるという事実。
ちゃんとしっかり受け止めていきたいと思います。
有難うございました。いつも支えて下さっている方々にも。
[PR]
by matocacafe | 2012-05-25 14:47 | 日々のこと | Comments(0)

アンネの追憶

e0189225_14465392.jpg
シネ・リーブル神戸で上映中のアンネの追憶
彼女の親友ハネリ・ホスラーの証言をまとめた「もうひとつの『アンネの日記』」を基に、
強制収容所に送られたアンネのたどった過酷な運命が、一家の中でただ一人生き残った父オットーの回想でつづられた映画です。
「アンネの日記」は、ゲシュタポによって隠れ家から連れ出されるまでの記録なので、その後を映像化したものとしては初めてのものではないでしょうか。

強制収容所へ送られてからのアンネの行動は、アンネだったらこうしたであろう、という想像に基づいて作られているかと思われますが、
(最初の収容所までは父・オットー氏も行動を共にしたため)
アンネの、書くことへの情熱や常に前向きな希望と想像力、
追いつめられて迫った母への取引、それに対する母のどこまでも愛情溢れる対応、
彼女らを匿った秘書の勇気。
人間であるからこその光り輝く部分と
歪んだ欲望、人を完全に物扱いにできる残酷さや麻痺した感情、
その間で揺れ動く心など、暗く潜む影の部分が強烈に対比した映画でした。

オットー氏の回想ということもあり、アンネの幼い頃から次々と分かりやすくストーリーは展開し、
その中での歴史的事実を背景とした「あなたは良心に従って生きているか」という問いかけ、
「人は人を傷つけてはいけない。そうすれば日々穏やかに眠れる」というラストの言葉に
深く胸打たれる映画でした。

昔、オランダで訪れたアンネの隠れ家。
寒い冬の平日でも、訪れる方々の列ができていました。
今も、たくさんの方が訪れているでしょうか。
忘れないで欲しい、そう思います。
[PR]
by matocacafe | 2012-05-23 15:50 | 日々のこと | Comments(0)

幸田さと子&幸田浩子 チャリティ・デュオコンサート vol.2

e0189225_16283615.jpg
それぞれにプロとして音楽活動を続けておられる、
バイオリニスト幸田さと子さん・ソプラノ歌手幸田浩子さんご姉妹。
昨年の7月に引き続き、今年も東日本大震災復興支援のための
チャリティーコンサートを開催されました。
「私たちは音楽の持つ力を借りて、被災された一人一人の悲しみに心を寄せることが、今できることなのではないかと思っています」というお二人のお心そのままの、素晴らしい感動的なコンサートでした。

昨年も行かせていただき、繊細で優しく夢見るような藤満健さんのピアノにもものすごく感動し、今年も発売と同時にほぼ完売のこのコンサートを聞くことができたことに感謝です。

被災地の出身でおられる、浩子さんのご友人の作られた曲の演奏、故郷に対する思いの朗読では、
ずっと涙が止まりませんでした。私以外にもそんな方は多かったのではないでしょうか。

こんなにもたくさんの方々が感動し、それが復興支援に繋がること。
なにか大きなものに感謝せずにはいられない、そんな気持ちになりました。

10年絶対に続けよう、そんな信念をお持ちのご姉妹です。
来年も必ず行きたいと思います。
[PR]
by matocacafe | 2012-05-15 18:08 | 日々のこと | Comments(0)

幸せなつながり

e0189225_1551328.jpg
お店を始める直前まで働かせていただいていた福祉作業所の前施設長さんが、娘さんお二人と来て下さいました。
福祉に関してのなんの知識も経験もない私をぽんと引き受けて下さり、
その素晴らしいお人柄と深い経験値をもって、本当に奥の深い指導をして下さった敬愛しているYさんです。
関西の、いえ日本の福祉界になくてはならない方としてものすごく忙しい日々を過ごされておられますが、こんな私のことも忘れずに、
お店オープン後も顔を出して下さる、そのお気持ちがとっても嬉しいのです。

e0189225_16525962.jpg


そんなYさんは、現在 社会福祉法人 宝塚さざんか福祉会
ワークプラザ宝塚・いきいき宝夢
 の統括管理者をなさっておられます。
上の写真の個性的なステンドグラスは、作業所の自主製作作品です。matocaオープンの際に作って下さったものですが、わざわざお店の雰囲気を見に来て下さったうえで作って下さるという、丁寧なお仕事にとても感動しました。
阪急逆瀬川の商業ビルの中にアンテナショップをオープンされていますので、ご興味のある方はぜひお越しくださいね。

いつまでもダンディーで素敵なYさん、性別は違えどそんな風に成長したい方です(^^)
[PR]
by matocacafe | 2012-05-12 17:56 | 日々のこと | Comments(0)

インドと桜とお茶の会 ご報告

e0189225_1411289.jpg

4月末に行われた「インドと桜とお茶の会」。
私としては初の、友人Hくんに借りたちゃんとしたカメラ(笑)での撮影でのアップのため、
こんなに遅くなってしまいました!おっきい写真て迫力ですねえ。。。

e0189225_1464142.jpg
北野カラーズさんの、この小さな出来上がった空間をそのままに、けして主張しすぎることなく、可愛いオーラを放つ桜飾りに囲まれて、じわじわと幸せがこみ上げる一日となりました。

計4回の会、集まって下さった方々のカラーによる、かなり違った内容のお話会となりました。
それぞれがとても興味深く、一方的にお話するのではなく、
インドと日本の視点の違いを通して自らの生活へとフィードバックさせつつ、みんなで話し合いたいというタラの思いが反映された会でした。

e0189225_14191333.jpg

どんなキーワードや話題が出たのかを、ざくざくと箇条書きで出してみると・・・。
まずはインドについて。

「個性」を表現することは「日常」であり、お互いに「自分と違う」人に対して閉じていない。
一歩外へ出れば危険だらけな為、生きるための勘や感覚、生命欲が磨かれている。
心も身体も求めていること(内にこもったエネルギーや表現欲)が、日常の宗教的習慣(歌や踊り)として日々の中に代謝され解放されている。
アレルギーとは、副交感神経優位でなるものであり、身の危険=生命力の活発化により、スリルがあると治まるのでは・・・・(タラ体験談) 
カーストは、日本で思われているのとちょっと違い、あちらの人にとっては「輪廻転生」思想のもと、今世で受け入れた上、魂の更なる向上を目指すためのものと捉えられている。
どんなカーストであれ、故郷の異なる人であれ、国全体で信じるものとして、常に身近に神話がある。
子どもたちは大家族のもと、誰が親かわからないくらいの愛情をたくさんの身近な人から注いでもらいながら成長する(その成長過程が自己肯定に繋がっているのではないか)。

などなど。是非はおいて、あくまで個人として感じたことが主体です。

e0189225_15225117.jpg

そしてもちろんそれらに対しての、日本に住んでいる自分たちが
日々感じておられることも話し合われました。
色々な意見があった中、なんとなく共通していたのは
e0189225_16241846.jpg
「個性の出しにくさ」「繋がりにくさ」
「食事だけではなく、心・思い・熱の代謝の悪さ」→冷えへの繋がり
「なんとなく良いとされている世間的な常識や文化に、じわじわと囲まれていく感じ」
「誰もが信じられ、身近に感じられる共通の明るい希望や救いのようなものの不在」

といったものでした。

e0189225_16464014.jpg
























そしてそして・・・。
ある会ではそんな中、どんなに小さなことでもまずは自分が好きで
幸せを感じられて、笑えて、楽しいと思えることを見つけるアンテナを張り、ひっかかったらやってみよう、
誰と比較することもなく、誰の目を気にすることもなく・・・自分自身を満たしてあげよう。
そこから始めよう。なんて空気が。
答えを出すことが目的ではないこんなお話の会ですが、
いろんな角度からのいろんな方々のお話を聞き、
自分の中で咀嚼してからまた出し、そこから「わかっているつもりだったこと」に気付いたり
共感し合えたりできることの大切さを感じられた、貴重な会となりました。

いつも暖かく見守って下さり、今回企画して下さったYさん
貴重な体験を語ってくれたタラ
この会に参加いただき、作って下さった皆さま
本当に有難うございました。

e0189225_17133716.jpg

ここまで長々と読んで下さった皆様、有難うございました~~~~!!!
この会のことをブログにアップして下さった方々、有難うございました。
神戸・自営業のヨメとネコ
くるみの森教室
日々のわたくし
[PR]
by matocacafe | 2012-05-09 17:25 | event | Comments(2)

フクギドウさんの本

e0189225_11344312.jpg
丁寧に思いを込めて作られた日本の手仕事のものを扱っておられる、ご近所六甲の「フクギドウ」さんが、2冊目の本を出版されました。
作家さんの作品や作陶の様子、お気に入りのお店を紹介されていた1冊目とはまた違い、今回は器とお料理がたくさん紹介されています。
いつでもパワフルで、あったかくて、いいエネルギーで満ちているフクギドウさんと繋がっておられるたくさんの方々の美味しそう~~~なお料理の数々。
オリーブオイルのカラマノリさんもたくさん載せておられます。
カッコいい器と共に絵的にも素敵な一冊です。
はっ!!サインしてもらうの忘れた!!

e0189225_15203045.jpg
そんなフクギドウさんは5月16日(水)~29日(火)の阪神梅田本店での期間限定ショップのため、現在実店舗は現在お休みされています。
沖縄・九州の手仕事の器がたくさん揃う7Fのステージ7へ、お二人に会いにぜひお越しくださいね。
[PR]
by matocacafe | 2012-05-08 15:30 | カフェ&雑貨 | Comments(2)

GWも終了しましたね。

e0189225_13532291.jpg
楽しいGWをお過ごしでしたか?

matocaはあまり平日と変わらずまったりとした営業をしておりましたが、
序盤にいきなり何もかもお品切れとなってしまい(生産能力の低い私です・・・)
大慌てで仕込みをする中、むらまつ先生ご家族が雨の中
大好きな「ベンチタイム」さんのパンをお昼ご飯にと差し入れて下さったことがものすごく嬉しく有難かったです。
いつも気にかけて下さるむらまつ先生ご家族。
お店も私もとても支えていただいています。
本当に有難うございました。


他にも、matocaで写真展をしてくれた、今は遠い広島で学生さんとなったHくんが来てくれて
久しぶりにまったりお話できたことや、
マクロビオティックを一緒に学んだ仲間が遠いところを訪ねてくれたこと、
いつものお客様が、御里帰りのご家族と一緒に来て下さったこと、
お休みならではの嬉しさがたくさんありました。
e0189225_1431582.jpg


そんな中、先日ライブに伺った「matoca*」のボーカルさんが、ピアノの方に引き続き来て下さってこれまた感動♪
ほぼ初対面なのに、自然体で奥の深い感じについつい、
色々お話させていただいてしまったのでした。
はあ~・・・素敵でした。次のライブが楽しみです♪

そんなGWも終了し、今月も通常通りの営業となっております。
気持ちよい山の空気を吸いに、ぜひいらして下さいね。
[PR]
by matocacafe | 2012-05-07 14:11 | 日々のこと | Comments(2)

「matoca」 さんのライブに行ってきました♪

e0189225_10472518.jpg
先月のある日、お客様として来て下さった「matoca」さん。
なんと、フィンランド語で「旅」を意味し
本当の綴りはちょっと違う「matka」から
同じ発想でこの綴りとなったという、ボーカル&ピアノのユニットなのです。
この偶然と出会いに感動し、さっそく先日ライブにお邪魔してきました。
ちょうど結成1周年記念ということで、小さなライブハウスはお客様いっぱいのワンマンライブ♪
皆さんのmatocaさんへのあったかい楽しい空気感の中、ボーカルの方のMCは「matoca」の意味や名づけの由来から。
お店と同じ名前が何度も出てくることに、どうしても自分がドキドキしていると(笑)お話の流れが・・・あれれ!?私が紹介されているではありませんか!?
皆さまの視線を受けつつ、私までえらい拍手をいただいてビックリな始まりとなりました(笑)

e0189225_10535336.jpg
そしてそして・・・。
私はめちゃめちゃ感動してしまいました!
しっかりとした技術のピアノの素敵でカッコいい旋律の上に乗る、
少しハスキーで高音へいくと透明度を増すボーカルの心地よさ。
どの曲も目を閉じると情景が浮かんだり、昔を思い出したり。
ず~っと音の中に漂っていたい気持ちよさでした。
やはりライブ、生音はいいです。
フレンチポップスぽいオリジナル曲の他、この日は記念ということで、
ピアノの方の息子さんを特別ゲストに招いての朗読付き物語り曲、のようなこともされていて
こちらがまたとってもよかったです。

すごく私の好きな感じだったということもありますが、確かな技術と世界観で
カラダの中に心地よい風が吹く、そんな素敵なライブでした。
また絶対聞きに行きます♪
matocaさんのブログです。  http://fruru.blog19.fc2.com/
                    http://www.mayu-mayu.net/2012/01/post-7f67.html


帰りにスタッフの方や、他のお客様からもお声をかけていただき、有難うございました。
[PR]
by matocacafe | 2012-05-03 11:21 | 日々のこと | Comments(6)

できるかぎりオーガニックな素材を使い、アレルギーにも対応した焼菓子やケーキ・ドリンクをご提供しております。6席だけの小さなカフェへ、お越しいただけたら幸せです。


by matocacafe
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31