natural sweets cafe matoca

matocacafe.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ゴールデンウイークの営業のご案内&カラーセラピーのご案内

e0189225_1324143.jpg

4月 29日(金)  11:00~19:00 営業
4月 30日(土)  13:00~22:00 営業
5月 1日(日)・2日(月)  お休み
5月 3日(火)  11:00~20:00 営業
5月 4日(水)  11:00~20:00 営業
5月 5日(木)  11:00~18:00 営業



5月5日(木)は、お久しぶりの 和み彩香 ami さんの カラーボトルセラピー
12時より閉店まで、ご希望の時間で受けていただくことができます。
私も先日受けさせていただいたところなのですが
毎回本当に
自分の状態、本心や希望が
自分自身の選んだ色によって現れていることに感動します。
お一人様30~50分くらいのセッションとなります。
お値段は ¥1000!! +ワンドリンク をお願いします。(ケーキももちろんOKです)
ぜひこの機会に体験していただければと思います。
全てご予約済みとなりました。有難うございました
[PR]
by matocacafe | 2016-04-27 16:50 | 今月の営業日程 | Comments(2)

京都ふるどうぐ市2016に行ってきました。

e0189225_13432466.jpg
お友達に誘っていただくまで知らなかった、
京都古道具市2016 に連れていってもらいました。
場所は、インスタでもよく拝見していた、
フォトジェニックな元小学校あと、
立誠小学校。




e0189225_13503430.jpg




窓の形、ランプの灯り、もうすでにアンティーク・・・ワクワク・・・
展示に行きつく前に校舎内を撮るのに必死です(笑)



e0189225_13535936.jpg


相変わらずボンヤリとしか写らない私の携帯ですが
窓からの光がよい感じで、
校舎内とのコントラストが素敵でした。




e0189225_13564723.jpg


窓から見る運動場。
あちこちに飾られたお花たちも美しかった~。




e0189225_13583334.jpg


まずは教室内のお店さんたちから。
全国のあちらこちらから集まってこられていて
一堂に介して見られるなんてたまりません・・・

こちらは、私が座りこんで悩んで、
あまりに儚い薄い小さな陶器の鳥たちなので
ツンツンつつきながら迷って
一羽購入させていただきました!
壁の装飾に使われていたものだそうです。
お店にあるのですが、気付いていただけるかな。。。


e0189225_144238.jpg


小さな古いアコーディオン。
もう音は鳴らないそうなのです。
聞いてみたかったな。



e0189225_1453464.jpg


ブルーが美しく、飾られた葉の影が美しく・・・





e0189225_147982.jpg


こちらは外国の方がオーナーさん。
紙モノが充実していて、よく売れていました。





e0189225_1482946.jpg



祭壇のような台と、真ん中に置かれた十字架が素敵でした。
こうして見てくると、ブルーのものを撮っている率が高い!





e0189225_14103392.jpg


教室の片隅も素敵でした。
小さな頃からこんな場所で過ごせたら
とってもセンスの良い人になれそうです。




e0189225_1412543.jpg


やはり圧倒的に器が多かったです。
上の、フタしかないグリーンが二枚とも綺麗でした。



e0189225_14145898.jpg



たくさんの人が来られていて
本来苦手なはずなのですが
みなさん古いものがお好きなんだ~と思うと
勝手に親近感(笑)
素敵な場所と
大好きな古いものたちに夢中で
フワフワと心地よかったです。


e0189225_14152164.jpg




e0189225_14351264.jpg










講堂でもたくさんのお店が出されていましたが
こちらは人が多すぎて写真は厳しかったです。
飲食コーナーは中庭で、
ハーブミックスのドリンクがとても多くて驚きました。
とても参考になり嬉しかったし
美味しかった~。



e0189225_14353561.jpg


というわけで、紫外線アレルギーでもある私としては
屋内で落ち着いて見られたし、
会場がそもそも素敵だし、
アンティークに囲まれて幸せ~な
ふるどうぐ市、でした。
来年も開催して下さるといいな。
[PR]
by matocacafe | 2016-04-26 14:47 | 日々のこと | Comments(0)

歩いてめぐる 神戸本

e0189225_2152653.jpg
発売中の 「 歩いてめぐる 神戸本 」 に
掲載いただいてます。
フクギドウ さん
vestita さん
六珈 さん
Atelier Rosette さん
かもめ食堂 さん
kachua (カチュア) さん
LEPICE(レピス) さん
六甲の個性的で素敵なお店の数々を改めて認識・・・。
いろは さん、 月森 さん、 ル・マロン さん、 プラスフレッシュ さん・・・・・
うう~素晴らしい・・・!!
[PR]
by matocacafe | 2016-04-23 21:31 | 日々のこと | Comments(0)

ノンバターふんわりパウンド、あります。

無事完売致しました。みなさま有難うございました~!

e0189225_1037027.jpg
普段、クッキー類を揃えるのが精いっぱいで(それすら揃ってないことも・・・)
ご予約の在る時にしかなかなかお作りできない
ノンバターふんわりパウンドです。。。
只今、
☆ いちご豆乳ケーキ
☆ レモンメープルケーキ

の二種類がご用意できておりますので
お立ちよりの際はぜひ(^^)
[PR]
by matocacafe | 2016-04-22 10:43 | matocaの焼菓子 | Comments(0)

映画 「 リップヴァンリンクルの花嫁 」 を観ました。

e0189225_15132736.jpg
岩井俊二監督の 「 リップヴァンリンクルの花嫁 」 を観てきました。
関西では大阪と姫路でしか公開されていなくて大阪へ。
予告で観ていた時は、
岩井監督らしい、切なく儚く美しいこと、
虚構のような現実、ファンタジーのような印象だったのですが
実際は
前半の黒木華さん演じる七海が目まぐるしく体験する現実が
あまりにもリアルに怖くて
誰も何も信じられなくなり
疑心暗鬼に陥っていくってこういうことかと
体感させられてしまいました・・・ブルブル・・・
七海ほどではなくても
自分も、そんな現代を生きるには甘い、ということなのでしょうけれど。

その後事態がどんどん展開して
一見、非現実的なように思える生活へ移ってゆくのですが。
この辺りから映像がとても美しくて
華さんとCoccoさんの、対照的な美しさがお互いを際立たせていました。
建物も、内装も、衣装も、
白を基調とした上品で透明感のある世界。
前半部分があっただけに
より効果的でした。
クラシック中心の音楽も印象的でした。

波風を立てないよう、受身で。
何事も起こらないよう平和に。
そんな風に生きることすら
どこかで必死でないと成り立たなくて
安定することが幸せで。
そんな風に生きてきた人が
あっという間に騙され落ちてゆく、
お金で友人も親戚も買えるような世の中。
限りなく胡散臭く、そして悪びれなくその仲介をやってのける
綾野剛さん演じる安室の仕事が
この世界を生きなければならない中で産まれた
なくてはならないもののようにすら感じられるが故に
全然憎めず、むしろ救いのようにすら感じてしまう。
お金とは
感情を入れずに物事を成り立たせるための
素晴らしいツール。
感情を入れずに成り立たせる安室。
けれど人の感情を把握していないと
人を動かせない仕事。
七海にとっても真白にとっても
結果的に救い主のようであった安室。
人のようで人ではないようで。不思議な存在感に圧倒されました。

Cocco演じる真白の感じ方の在り方の根底にある、自己否定感。
こんな自分の為に・・・と繰り返す彼女にとって
お金はなくてはならない感謝の気持ち。表れ。
「幸せすぎたら死んでしまう」から必要な、対価。
モノのように扱われることに、むしろ安心感を抱くような真白の仕事は
彼女にとってなくてはならない居場所であり
心を守るために必要なお金に直結するものであり。
後半インパクト強く出てくる彼女の母との過去を知りたくなります。

生きている実感、幸せの実感て
自分のどこにあるのか。
本当に必要とされ合って初めて生き生きと輝いてくる、
後半の七海の変化。
人の心の中に、自分の居場所を発見できる喜び。
自分の心の中にも自分の居場所を作るには
親からでも他人からでもいい、
まずはそれが必要なのじゃないか、
産まれもっての悪人はおらず、
みなそれぞれ生い立ちから抱えてきたものの結果じゃないか、
そんなことを想いました。

一般に言われるカタチを追うのじゃない、
自分自身の感動や喜び。
人に、モノに、自然に、学びに。
見つけてそこで
生きてゆきたい。
七海はひとつ、見つけて、胸に抱いて、穏やかな笑顔でした。

三時間あっという間です。
俳優さんたち素晴らしかった~。
[PR]
by matocacafe | 2016-04-20 12:49 | 日々のこと | Comments(0)

王子公園に移転された、ミドリカフェさんについて。

e0189225_12375235.jpg
障害のある方々の作業所さんで、
製菓作業の指導をしつつ、
お菓子を卸させていただいていた頃からの
長いお付き合いの ミドリカフェ さんが
このたび王子公園高架下へお引っ越しされました。




e0189225_1245083.jpg


いつも植え替えなどをするときは絶対にこの土!!
まさに名前の通りの「森育ち」。
山の腐葉土などで作られていて、自然の力たっぷり。
小さな鉢植えで、科学肥料を使いたくないので
本当に助かります。
植物たちはとっても元気で長生きしてくれます。


e0189225_12482125.jpg

今回の移転は、
お庭のデザイン設計を本業とする ミドリカフェ さんと、
木材の流通販売をしている SHARE WOODS さんが
タッグを組み、阪急王子公園の高架下に拠点を移して、
オフィス兼ショールーム兼ショップをオープンされました。


e0189225_1255415.jpg


ガーデン資材の販売はもちろん、
これまで ミドリカフェ さんが取り組んできた
「食」 と 「農」 の方たちとのコラボも継続しつつ、
山林と農地、街の公園と庭がすべて繋がるような、
「緑の拠点」になることを目指されています。




e0189225_12572691.jpg


また ミドリカフェ さんも シェアウッズ さんも
昨年から六甲山の保全に関わるプロジェクトを進めていることもあり、
そういった活動に興味のある人たちが集まれるような、
イベントやワークショップの開催、
ギャラリー貸し出しも予定されています。



e0189225_13647.jpg


気軽にお庭や土や木材についての相談ができる、
天然資材だけを取り扱った、
こだわりのホームセンターといった感じ。
ちなみに飲食サービスは縮小して
コーヒー類の提供のみとなります。





e0189225_1385772.jpg
老若男女を巻き込んで、
環境、食、農、などをテーマにたくさんのイベントを開催、
地元、地域のグリーン活動や
勉強会、イベント出店と
精力的、魅力的なミドリカフェさんのファンは本当にたくさん!
ますます、その活動を色濃く続けてゆかれます。
駅からのアクセスもとっても良くなり、
きみちゃんに身の上話を聞いてもらうためだけにでも
通いたいお店です(笑)


移転オープン、おめでとうございます(^^)
[PR]
by matocacafe | 2016-04-19 13:17 | カフェ&雑貨 | Comments(0)

フクギドウさん、7周年おめでとうございます。

e0189225_12353078.jpg
公私ともにお世話になりまくっている、
大事な六甲 フクギドウ さんが、
7周年を迎えられました。
そう、うちとひと月違いでオープンされて
すぐ会いに来て下さったことを思い出します。
みなさまよくご存知の、
パワフルすぎるオーナーお二人(笑)。
お二人とお話して、元気にならない人はいない!!!
センスのよい器、雑貨、衣類を
作家さんに直に会う旅をされながら
情熱と愛をもって紹介されてこられ
その人気は不動のもの。

今回の7周年記念企画では
そんな初期の頃からの器たちが一同に介し
お披露目されるようです。
同時開催で 「いぐさの籠と、春の暮らし」展 も。
詳しくはHPで。

フクギドウさんおめでとうございます!
これからもどうぞ仲良くして下さいませ~~~。
[PR]
by matocacafe | 2016-04-14 12:47 | カフェ&雑貨 | Comments(0)

お友達の演奏会に行きました。

e0189225_14145676.jpg
vestita さんの優しく美しいお花を持って
調律仲間の一人が指揮するオーケストラの
定期演奏会へ伺ってきました。
卒業以来彼には初めて会うという、
一緒に行った同じく調律師仲間は、
前日から神戸入りして、
ケーニヒスクローネホテルに宿泊しての
楽しいイベントとなりました。
ホテルの色々が聞けて面白かったです。





e0189225_14225398.jpg

1200人収容のホールが殆ど埋まっていました。
どんな年齢層の方にも楽しんでいただこうという
サービス精神溢れる選曲。
クラシック、テーマソング、現代の作曲家の曲、映画音楽。
バラエティに富んでいてとっても楽しいです。
知っている曲はやっぱり口ずさんでしまったりして♪

そして変わらぬ情熱的でキレのある、軽やかな指揮。
こんな大人になりたい・・・と思ってしまうカッコよさでした!

メンバーの皆さんそれぞれにお仕事をもち、
今年は練習の集まりもなかなか難しかったと話してくれました。
そんな中、皆さんの音楽への想いを軸に
自分は大阪から明石へ通い続けて頑張ってきたTくん。


e0189225_14325349.jpg
終了後会ってくれた時は
目が充血していて、やりきった感や疲労や
まだ興奮冷めやらぬ様子がなんともいえず。
やはりものすごい集中力が必要で
それを数時間続ける体力がいることなのだなあ、と
改めて実感しました。

素晴らしかったよ!!有難う。

会場に着く前に、本場明石焼きを食べれて大満足~。
演奏会終了後はひたすらお話。
商店街でもべっぴんさんべっぴんさんと声をかけられていた
一緒に行ってくれた可愛いSちゃん、楽しかったねありがとね~。
[PR]
by matocacafe | 2016-04-13 14:43 | 日々のこと | Comments(0)

映画 『 ルーム room 』 を観ました。

e0189225_19563132.jpg
本年度アカデミー賞主演女優賞受賞作品で
現在公開中の映画 『 ルーム room 』 を観ました。
どのような映画かについては、またまた公式サイトを見ていただくことにして・・・
主演女優賞を取られたママ役のブリ―・ラ―ソンももちろん良かったですが
なんといっても子役のジェイコブくんの素晴らしい演技力たるや・・・
天才・・・・・

前半、自分も物凄い閉塞感を感じて何度も周りを見渡して
深呼吸するほどの緊迫感、その迫力。
後半の空間の解放感といったら。
けれどそれも束の間、
登場人物各々の心理描写、変化に集中して
あっという間でした。

その事件性や犯人に対する追求ではなく
究極の状態での母と子の
クロスして離れて、また再生されてゆくような心理状態の動きを
解放後のめまぐるしく進む時間を淡々と描いている為に
よりこちらに深く想像させられます。

解放は
母にとっては
失ってしまった時間と
子供への関わり方を
改めて突き付けられること、
子供にとっては
新しくて大きな世界を全身で感じ応じてゆくこと。
同じ閉鎖空間での被害者としての、共同生活者としての
共感が支えで、それが全てであった生活から
個々が世界と向き合う世界への解放。


もうひとつ、
そんな閉鎖空間で生きてゆくのに必要な共依存性。
母は、子供だけでも外の世界へ放り出して(犯人が了解しなければなりませんが)
最初から外の世界で生きさせるべきだったのか
子供への愛情があり、虐待に至ることなく育てられるのなら
そんな閉鎖空間でも母子は共にいるほうが
子供の情緒の基本的な安定を育むのには良かったのか。
けれど母の方が、子供を守るのだという意思や
愛を注ぐ対象がなければ
とっくに精神が崩壊していたかもしれません。
ここに、状況の異常さによる
強い依存性が出来上がってしまう。

監禁という特殊な状況でなくとも
今生きている私達に投げかけてこられるテーマ。
ジェイコブくんの後半のセリフの一つが
母子関係のシンプルな救いのひとつとなっているのが
とても感動的でした。

個人的に強いメッセージとして残ったのは
自分にも他人にも
どんなことでも「急がせない」ということの
大切さでした。

ぜひ観てみて下さいね。
感想を話し合えたら嬉しいです!!
[PR]
by matocacafe | 2016-04-11 15:44 | 日々のこと | Comments(2)

un mot doux さんの石鹸が入荷しました。

e0189225_11501961.jpg
un mot doux さんの石鹸が少しですが入荷しました。
お電話でお問い合わせいただいたり、
わざわざ来て下さったりと
ファンの方の多い石鹸ですが
大変お忙しくて殆どどこにも卸されておられないこと、
ご家族の為にお作りになっておられていて
長いお付き合いでのご好意でmatocaへ送って下さっていることに感謝です。
その為なかなか入手しにくい現状ですので
この機会にぜひ。
香りも使い心地も本当に素晴らしい石鹸です。
[PR]
by matocacafe | 2016-04-08 12:09 | un mot douxさんの石鹸 | Comments(0)

できるかぎりオーガニックな素材を使い、アレルギーにも対応した焼菓子やケーキ・ドリンクをご提供しております。6席だけの小さなカフェへ、お越しいただけたら幸せです。


by matocacafe
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30