natural sweets cafe matoca

matocacafe.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

この夏のカフェ巡り

e0189225_14331654.jpg


夏の始まったある日。
娘の三者懇談後に一緒に
リニューアルオープンされた元町の toiro さんへ。

この時の個展はちょうど、
木の板に描かれた、
森や湖を想像させる絵画たち。







e0189225_14332528.jpg

猛暑の中辿り着き、涼しげでほんとに癒されました~。
新生 toiro さんは、
その時の個展に合わせたお菓子作家さんを
選ばれ、提供して下さいます。
レモンの練り込まれたロールケーキ、
美味しかったな~。





e0189225_14324748.jpg


はじめましての娘に声をかけ、
色々お話して下さるオーナーまささん。
これがとっても嬉しいものなのです(^^)
ずっと恋模様を聞かせて下さっていたまささんの
嬉しいご結婚話も伺えて、
とっても楽しかった~。






e0189225_14340297.jpg

その toiro さんでのイベントでご一緒させていただいて仲良くして下さった、
三宮高架下のカフェバー&ギャラリー en+(エンタス)https://userconf.exblog.jp/entry/ さんで
スタッフをされていた
きぬかちゃんが花隈に新しくオープンされた
ケーキショップ 米粉・玄米粉sweets kinun.
https://ja-jp.facebook.com/makeforsmilekinun/
さんへ。





e0189225_14341657.jpg

三席だけのイートインもあり、
毎日ご予約で埋まっておられるそうで
その人気も頷ける
フレッシュで優しい味わいのケーキたちでした。
きぬかちゃんのお菓子は、
玄米粉や米粉が使われているのが嬉しいです。









e0189225_14335511.jpg


店内も可愛くって、
きぬかちゃんの笑顔がぴっかぴか!
週の半分くらいを開けてらっしゃるようですので
チェックして伺ってみて下さいね。







e0189225_14333237.jpg
そしてこちら、色んな方々に、絶対お好きだから!!!と何年も前から
たくさんおススメいただいていた
塩屋の 784JUNCTIONCAFE http://junctioncafe784.strikingly.com/ さんへ。



e0189225_14333958.jpg

お噂通りの素晴らしいロケーション、
個展も演奏会もたくさん行われるようで
こんな心地よい場所ならいつまででも
浸っていられてしまいそうです。
ランチもとっても美味しかった~。






e0189225_14334942.jpg


デザートもいただいて、
連れて行ってくれたりさちゃんが
こちらととっても仲良しなのに甘えて
随分長々と居させていただきました。







e0189225_14342225.jpg

そして今もうお食事といえば、
この方の宇宙にメロメロの
ちぐささんが場所を借りての週限定ランチを
ようやくいただきに。






e0189225_14343069.jpg

とうもろこしの芯や
大豆を煮たあとをとられる甘いスープなど、
良いお野菜を余すところなく
丁寧に調理し切られるところ、
たんぱく質を長時間の低温調理で
なんともいえず深い味わい、
そして初めての食感に仕上げるその
緻密さ、
日本酒と少しのお水とお塩のみなど、シンプルな材料の組合せでありながら味わい深いスープやソースの数々。
たっぷりなのにすっきりとお腹も心も満たすお料理なのです。
もと建築士の彼女の、立体的で幽玄なお料理を
早く彼女のお店でいただけるようにと願います(将来お店をされる予定なのです)。


e0189225_14343898.jpg

花隈の Cafe licht(カフェ リヒト)さんは
お友達のインスタグラムで知ってから
ぜひ伺いたいと思っていたところ、
ちょうどランチをご一緒しようと話していた
アクセサリー作家さんがお友達だということで
甘えてお連れいただきました。

お店もオーナーさんも
素晴らしく素敵でうっとり。。。
東京でフードコーディネーターをなさっておられたそうで
今もあちらでもお仕事をされるため
週の半分をお店として開けておられます。
こちらは朝7時からいただけるモーニングの美味しさが
とっても人気だそうで、
朝、ほんとにヨワヨワですが、いつかいただいてみたいです。

[PR]
by matocacafe | 2018-08-31 15:16 | カフェ&雑貨 | Comments(0)

夏の旅 ⑤

e0189225_13213507.jpg

古典と刀の虜となっている娘の希望で、
真田家のご当地上田市にある
上田市立博物館 http://www.ueda-cb.gr.jp/uedajo/spot.html#hakubutsukan へ。
そしてペンションでまた一生懸命読んでいた
八ヶ岳周辺の専門誌 KURA にたまたま出ていた上田市の
上田聖ミカエル及諸天使教会 http://www.st-michael.jp/church/guide.html さんを
見つけてホクホクと伺いました。





e0189225_13212908.jpg

奈良市の奈良基督教会をお手本として建てられたそうで、
和風意匠の教会堂なのです。
伺ってみたらなんと
保育園の中にあって、特に一般公開などは
されていないご様子で慌てましたが
ここまで来たからには!と
園の玄関をピンポ~~~ン。。。
すぐににこやかで可愛らしい保育士さんが
出て来て下さって、
どうぞどうぞとどなたもおられない中贅沢に
見学させて下さったのでした。



e0189225_13214149.jpg


キリスト教が日本の中に広まりつつあった時代、
二つの文化の交わりつつある姿は
こんな風だったのかなと想いを馳せ。
海外で観る教会とはまた違う感慨がありました。








e0189225_13214870.jpg
ちなみに
真田家の資料館である 上田市立博物館、
とてもこじんまりとした古そうな建物だったのですが、
数年前の大河ドラマ放映 https://www6.nhk.or.jp/drama/pastprog/detail.html?i=3166 にて一大スポットとなり、
当時は大変な混みようだったそうです。
そのおかげなのか、
小さな空間にめちゃくちゃ充実な資料やお写真、
仕掛けが溢れていて
ものすごく面白かったのです。
結局私が一番はまってしまい、
長い時間滞在しちゃいました。
真田家三代の武将たち、それぞれの知略戦略武勇、すごいなあ~。
大阪夏の陣、映画にならないかしら。。。

そういえばむかし高知を訪れた時も、
坂本龍馬館の素晴らしさに感動して、帰ってから本を読みあさっていたな~。
これからは旅行のときに、普通の観光スポットもチェックしよう(笑)


[PR]
by matocacafe | 2018-08-27 13:53 | 日々のこと | Comments(0)

夏の旅 ④

e0189225_13201613.jpg


蓼科へ伺えばとにかく欠かせない、
憧れの ハーバルノート・シンプルズ http://www.herbalnote.co.jp/
 さんへ。
今回もまた、ブレンドのためのハーブたちや
こちらのオリジナルブレンドティーをいただきました。






e0189225_13201070.jpg


これで、冬以外の全ての季節に訪れたことになり、
季節ごとの緑たちや、
入口でサービスして下さるハーブティーを
楽しませていただけて幸せです。










e0189225_13202865.jpg

そして宿は春にもお世話になった
ベルクコット http://pbergcot.sakura.ne.jp/ さんへ。
夕方早めに着いたのですが
すぐに珈琲や紅茶をご用意して下さって
心地よいウッドデッキやお部屋で
寛がせて下さいました。

敷地の森の中にあるブランコ二つを
これまた娘が堪能させていただき(笑)、
夕食前の涼しく清々しい時間を過ごしました。




e0189225_13202226.jpg

今回は、前回慌ただし過ぎて読めなかった
興味ある書籍たちをたくさん読ませていただいたり、
毎日出されるハーブティーや玄米と熊笹のお茶などを
お出かけの際に自分のポットに淹れさせていただいたりと
またまたお世話になりました。
今回は、餌をもらいにくるタヌキ家族に
毎日癒されました~。







[PR]
by matocacafe | 2018-08-25 13:37 | 日々のこと | Comments(0)

夏の旅 ③


e0189225_13581077.jpg山梨の小淵沢にある、
清治芸術村 https://www.kiyoharu-art.com/
へ伺いました。

広い芝生のそこここに
白樺派由来などの美術館やオブジェ、
工房、茶室、教会などが点在している
心地よい場所です。

一番心惹かれたのは、こちらの
とってもとっても小さなルオ―礼拝堂で、




e0189225_13581568.jpg



20世紀最高の宗教画家であるジョルジュ・ルオーを記念して
建てられた礼拝堂です。
入口の扉の上のステンドグラス「ブーケ」や
祭壇背後のキリスト像(17世紀)は、
ルオー自身が制作・彩色したもので、
ルオーの次女イザベル・ルオーから長三が
それらを贈られたことをきっかけに
作られた礼拝堂だそうです。






e0189225_13582148.jpg



堂内の壁面にはルオーの銅版画「ミセレーレ」が数枚並べ掲げられていて
とても素敵でした。











e0189225_13582693.jpg

こちら、ラ・リューシュは
若き日のシャガールやモジリアニなど巨匠を生んだアトリエ兼住居として
現在もパリの記念建築とされているものと同様の
ギュスターブ・エッフェルの建築として残されているものの
設計図を買いとり
全く同じものを1981年に再現されたもの。
こんな形の建物が、素晴らしい画家の方々を育んだことが
なんだか嬉しくなる美しい建物です。



e0189225_13575717.jpg

芸術村の入口。







e0189225_13580452.jpg





残念ながらこの日は空いていなかった
白樺派の図書館。

美術館には、錚々たる白樺派の集合写真があって
歴史に名だたる文筆家やアーティストさんのお顔を
まじまじと拝見してしまいました。




e0189225_13592047.jpg


その後向かった女神湖。
女神湖周辺は、大好きな白樺が多く、
かなり商業施設化しつつある諏訪湖周辺より静かで落ち着きます。
湖周辺をお散歩できるよう作られた
木の橋を歩くのも楽しい。





e0189225_13591335.jpg

私自身も2度ほど参加させていただいた
東京のテニスクラブの合宿が
毎年軽井沢や蓼科で行われていて
ほぼ毎年参加している相方の見学に寄り
合流。
座ってみていると寒いくらいで
そりゃ同じやるならこの環境よねえ、、、と
ちょっと復帰したくなりました。





e0189225_13590874.jpg

[PR]
by matocacafe | 2018-08-24 15:26 | 日々のこと | Comments(0)

夏の旅 ②

e0189225_14201120.jpg





扉を開けて、お庭への小路へ。
気温は20度くらいで、少し雨のあったあとで
緑の清々しい香りが濃厚でした。






e0189225_14201748.jpg






あちこちに銅像があって面白いです。
夜はちょっとドッキリするだろうな。





e0189225_14182200.jpg

e0189225_14202571.jpg


夏の信州はまさにお花とハーブの季節。
あちこちに可愛らしく咲いていて、
古い鉄の小さな名札が素敵でした。



e0189225_14345936.jpg








母屋のウッドデッキからの眺めも素敵です。


e0189225_14235907.jpg










e0189225_14214034.jpg




そしてこの先には、宿泊者だけが入れる
森の花園があるのです。






e0189225_14214926.jpg


まずはブランコがあり、
ブランコと木のぼりに目がない娘が
さっそく。。。
リトアニアでもブランコ乗ってばっかりだったな、、、






e0189225_14261346.jpg

少しずつだけ手を加えて見守っています、と
仰っておられた森の中の花園は
ゆっくりゆっくりお散歩を楽しむのに
ちょうどよい広々とした空間。






e0189225_14240631.jpg







e0189225_14213449.jpg







小さな池と古い噴水が出てきて
水の音も涼やかに。








e0189225_14203163.jpg



ゆっくりと緑と花々、美味しい空気を堪能したあとは
併設されているカフェ コットンウィード さんへ向かい、
テラスで小鳥の鳴き声を聞きつつ
朝食をいただきました。


e0189225_14210075.jpg













e0189225_14210606.jpg



カフェの中はとても天井の高い
シックな落ち着く空間。
こちらでいただいたお夕食もとても美味しく、
玄米ご飯が出てきたのが
小麦食になりがちな旅の中でとっても嬉しかったです。








[PR]
by matocacafe | 2018-08-21 16:55 | 日々のこと | Comments(0)

夏の旅 ①

e0189225_18024315.jpg


恒例となってきた長野への旅。
この夏も、お店をお休みさせていただいて
まずは
どうしても伺ってみたかったこちら、
山梨県北杜市のガーデンコテージ ポリアンナさんへ。
http://www.pollyanna.gr.jp/#


e0189225_18072480.jpg



小淵沢の駅から徒歩20分ほど(駅にはタクシー・レンタカーがあるそうです)、
自然たっぷりの中にある、
まるで絵本から抜け出したかのような
異国の佇まいの素敵なコテージです。




e0189225_18100427.jpg


サンルーフのあるロビールーム。
淡い緑の盛りがとても美しいお庭です。
光が綺麗。






e0189225_18101059.jpg













e0189225_18133243.jpg

こちらのロビールームにとても大きなグランドピアノがあって、
そのような機会は本当にないので、
弾かせていただきました。
まだ誰もおられない広い空間を抜けて、
音がお庭へと流れてゆく贅沢を楽しませていただきました。



e0189225_18161936.jpg


ロビーの奥の小さな客間空間の窓辺に
置かれた灯りが素敵でした。




e0189225_13172534.jpg





シンプルアンティークなお部屋と
窓からの森の風景は
リトアニアの宿たちを思い出しました。



e0189225_13173345.jpg




38年前にこの地にこられ、
ご夫婦でこちらを始められて
今は息子さんご家族に主体をゆずられ
完全なご家族経営でされておられるそうです。
次から次へとお客様が来られておられましたが
多分マックス5組くらいで、
心地よく静かに過ごさせていただきました。




e0189225_13175632.jpg

この素敵な扉を開けて、
美しいお庭と森へ 、、、

[PR]
by matocacafe | 2018-08-21 13:35 | 日々のこと | Comments(0)

ben:chi さんの古道具市、始まりました。

e0189225_16371469.jpg

ben:chi  http://ben-chi.net/ さんの
窓辺の古道具市、始まりました。
9月4日(火) までですが
8月はお休みも多いため、お気を付け下さいませ。
芦屋に素晴らしい一軒家のお店を構えておられた頃から大好きで
お店も自宅も、こちらのアンティークにお世話になっております。


e0189225_19124697.jpg


今は三重に居を移されて
全国を飛び回っておられます。

オーナーお二方のセンスに加え、
他の古道具屋さんではなかなかお見かけできないリーズナブルさ。

matoca 所縁の作家さん方々も
皆さまファンでおられ
ben:chi さんロスのところ
この嬉しい市が。






e0189225_16372714.jpg


matoca の窓辺に合わせて下さった、
小さなものたちがメインに
所狭し(まさに狭いのですが!)と
並びます。













e0189225_19123441.jpg


自由な発想で美しく使えそうな
古いものたち。
ぜひ、お気に入りを見つけて下さいね。












e0189225_16374334.jpg

気さくで、実はなんとも面白い経歴の持ち主の
オーナーのお二方。
関西蚤の市や 東京蚤の市
出店常連店にもなっておられますので
そちらにもぜひいらして、
お二人とお話されて下さいね。
うちの店をなんぼでも、ネタに(なるかな)お使い下さいませ~。





e0189225_16365905.jpg





[PR]
by matocacafe | 2018-08-04 12:37 | event | Comments(0)

できるかぎりオーガニックな素材を使い、アレルギーにも対応した焼菓子やケーキ・ドリンクをご提供しております。6席だけの小さなカフェへ、お越しいただけたら幸せです。


by matocacafe
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30